花束のセンスとは?

前項で示したように花束を贈るにはセンスが必要です。花を選ぶセンスは非常に難しいものがあります。花は色彩がありますし、なにより大きさがあります。お祝いの席によっては目立ちすぎてもいけませんし、目立たなさ過ぎてもいけません。主役は花ではありません。お祝いされる人(店)が主役であって、花は引き立て役なのです。上記のことは予算を度外視したことであり、これに加え予算を考えなくてはいけません。花は同じ一輪でも種類によって大きさも違いますし、価格も違います。そのためかなり難しい選択になるのですが、予算=派手さや大きさではありません。安価な花であっても組み合わせによっては、豪華に見えることは多いのです。

ハート相手(お祝い事)に合わせたセンスを磨くためには経験しかありません。花束は花屋が注文や予算に応じて作ってくれますが、どのような規模でどのようなお祝いかを伝えるのは注文をする人です。具体的な伝え方、作り手と伝え手のイメージの共有、これがセンスなのです。花束を贈るとなると、このようなセンスを磨かなくてはいけません。

前項の最後に示したように胡蝶蘭はセンスに大きな差はないと示しました。なぜ胡蝶蘭がそのようになるのか?それを次の項では示すことにします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お祝いに贈る花

胡蝶蘭花を贈るというキザな人がやることだといわれていた時代がありました。花は飾るものであり女性が扱うもの、冠婚葬祭以外に贈ることは少ないといわれていた時代です。これは歌やバブル時代が影響したのかもしれません。和の道を進んでいる人は花を生ける、つまり華道にも精通しています。華道の段位はもたなくても、詫び寂びの心で和室や庭などを総合的に見ていたためです。ですがそれは和式であり、花束などで渡される洋式のものではありません。洋式の花のイメージとしては、男性が女性に贈るものであり、それ以外では男性は必要としないものというイメージがあったのです。歌などもこのイメージを強調させていました。またバブル時代にはバラの花束と高価なプレゼントを渡すというのが一種のステイタスとされ、バブルの恩恵を受けていない人にとっては、成金が女性を釣るための道具だと思われていました。

個人的な話ですが、私はそんな時代に先輩から教わりました。バラに限らずお祝い事には高くなくてもいいから花を贈れと。最初は手間取りましたが、買い方から選び方、予算に至るまで慣れてくるもので、数をこなすとセンスが上がるのが自分でも分かりましたし、なにより相手から喜ばれました。最近では花を贈ることに対しキザと思われることは少なくなりましたが、機会が少ないせいかセンスのほうがあまりよろしくない人はいまだに多いようです。その中でも胡蝶蘭を贈る人は、センスに大きな差はなく、優れた贈りものだと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket